スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
叩き
最近さぁ、あいのり関連のサイトをチェックしてると、どこを見ても、ものすごい勢いで、ちゃきが叩かれてるわけだよ。 「ブス」とか「死ね」とか「気持ち悪い」とか、すんごい激しいわけだよ。

……う~ん、まぁさぁ。 所詮テレビなわけだし、それを見た視聴者さんが何を感じるかは自由だし、叩かれるのがイヤなら「あいのり」なんか出るなって話なんだけどさ。 まったくその通りなんだけどさ。

……なーんかさぁ、それにしても、いくらなんでも、ちょっと行きすぎというか……。 可哀想だと思ってしまうのは私だけなのかな…??

別にね、正直な話、私はちゃきと会った事も話した事もないので、擁護しようとか思ってるわけでもないんだけどさ。 ちゃきとヒサちゃん、どっちの味方かと聞かれれば、そりゃー間違いなくヒサちゃんなんだけどさ。

ちゃきに限らず、「あいのり」のメンバーって、良い事も悪い事もいろいろ散々言われるわけさ。 まぁ名前が売れるってのは、そーいう事だからね。 有名税だと思って諦めるしかないんだけどさ。

それでもさぁ、顔も知らない人から「死ね」とか言われるのって、けっこうキツイよ。 なんで、そんな事言われなきゃいけないの?って思うもんだよ。 あなたが私の何を知ってるの?ってホントに聞きたくなる。

ここからは私の推測に過ぎないけれど、「あいのり」って恋愛番組だから、女性の視聴者の方が圧倒的に多いわけよ。 だから人気がでてアイドルになるのって基本的には男メンが中心なわけよ。 だからね、全般的に見て、男の子のイイ所は大きくクローズアップされるけど、女の子のイイ所はカットされやすい傾向にあるような気がする。 逆に男の子の悪い所は隠され、女の子の悪い所は強調される。(別にスタッフに聞いたわけじゃないから、あくまで私の個人的な推測よ。 もちろん例外もあるよ。)


だからさぁ、ちゃきだってさぁ、イイトコいっぱいあるのに、ぜーんぶカットされてるかもしれないじゃーん。 毎日毎日いろんな事を体験するあの旅だけど、実際に放送されるのなんて、ホントにごくごく一部だよ? たかだか30分じゃ、その人の全ては分からないって。

例えばさ、「○○ちゃんのこーいう所がいけないと思う」とかさ、冷静な意見を述べてる人はまだしもさ。 人格全てを全面否定するかのよーに「気持ち悪い」とか「最低最悪」とか「死ね」とかさ。 言ってるヤツの方がよっぽどどーかと思うんですけど。 会った事もないのに、なんでそこまで嫌えるんだろう?

いや、もちろんね、しょーがない事なんだよ。 テレビに出るというのは、そーいう事なんだよ。
それでもさ、「あいのり」に出る子ってのは基本的に一般人だし(芸能人を目指してる子はいても、「あいのり」に出演してる時点では有名じゃない)、叩かれる事に慣れてる子なんていないんだよ。 「死ね」とか言われたら普通に傷つくんだよ。

そりゃーね、傷つくのがイヤなら「あいのり関係のサイト」なんか見なきゃいいっていう意見もあるでしょうけどね。 それでも気になって気になって見てしまうのが人間ってもんでさ。  
実際、それで、ストレスから体調を壊してしまったり、十円ハゲが出来てしまった元メンとかも私は知ってる。 女の子は特に繊細なんだよ。 けっこう本気で傷つくんだよ。

あんまりさぁ。 いじめないであげておくれ…。 人間誰しも、長所が一個もないよーなヤツなんていないって。 イイトコ探してあげようよ。 もう少し温かい目で見守ってあげよう。 …ね?


平和主義者な和泉ちゃんでした。
スポンサーサイト
【2006/08/08 13:58】 | 真面目シリーズ | トラックバック(0) | コメント(218)
売名と恋愛
和泉ちゃんは、カッコつけてるけど意外と小心者です。 周りの目とかすっごい気にする。 なので放映中は、あいのり関係のサイトとか、けっこう事細かにチェックしててね。 その中でも特に多いのがコレ→「売名」

……っていうかさ! 確かに私は麻雀プロとかタレントとかやってるけどさ。 「だから名前を売りに来たんだ」って、どーして決め付けるかなぁ? 私がどんな思いで「あいのり」に参加したか、私から直接聞いた事があるのか?

「あいのり」には、OLやってる子もパティシエやってる子もいる。 その中で、私の職業がたまたま麻雀プロとかタレントだったってだけじゃん。 そんな事で「純粋に恋愛しに来てない」って決め付けられるのが、すごく納得いかん!

信じてもらえるかどうか分からないけど、私は「あいのり」に『恋愛』をしに行きました。 ごく真面目に。 結婚相手を探すくらいの勢いで。
結局、好きになったのは、五歳も年下の男の子だったけどさ。 まぁそれはしょーがないよね。 恋愛なんて理想通りには進まないからね。

だいたいね、売名売名って言うけどね。 ぶっちゃけ「あいのり」に出て、ホントに有名になった人っているのかな? 結局は素人番組だし、イメージも固定されるし、大きな番組のお偉いさんとかとお話すると、逆に使いづらいって言われるよ。
一応、芸能人にはタブーとされる『恋愛』を見られちゃうわけだしね。 その人のイヤな部分、汚い部分ももろに放映されちゃうしね。
結局ね、「あいのりの○○」、この言葉を利用する必要がないような仕事には、たいして良い影響を与えない。 そのくせ「あいのりの○○」、この言葉の効力は一、二年しか続かない。
そりゃあ一時的には名前は売れるけど、それをバネにして跳ね上がれるかどうかは、やっぱり本人次第なんだよ。

一瞬でも夢を見たい!というなら、それでもいいと思うけどね。 本格的な女優とかを目指すなら、むしろ諸刃の剣だと私は思ってるよ。


まぁこんな事をツラツラ書いてるけど、私は正直な話、仕事に与える影響については、最初からたいして気にしてなくてね。 はっきり言って、どっちでも良かった。 反響は大きいだろうし、良い事も悪い事も出てくるだろうなって程度でね。 
主目的はあくまで『恋愛』だったからさ。 仕事とかテレビ映りとか気にしだすと、素が出せなくなっちゃうじゃん。 そーいうのイヤだったし。

私は真剣に恋愛したかったよ。 真実の愛を探したかった。

旅中も一部の人にしか話してないんだけど、私は体に発病前の小さな爆弾があってね。 神経の病気なんだけど、発病する確率が50%って言われてる。 もちろん何歳で発病するかは分かんないし、一生発病しないかもしれない。 そんなん気にしてたら何も出来なくなっちゃうんだけどさ。 それでも私の中では大きなコンプレックスになってることでね。 
一度、発病したら、完璧な治療法は現代医学では開発されていないので(進行を遅らせる事は出来るけど)少しずつ歩けなくなって動けなくなって、寝たきりになるのを待つだけ。 そーいう病気。

まぁそうなったらそうなったで、仕方ない事なんだけどさ。 だけど、出来れば、寝たきりになった時に、優しい旦那さまが隣にいてほしいな~って思うじゃんよ。 頼りがいのある大人な男性がいいな~って思うじゃんよ。 ラブワゴンに「真実の愛」というものがあるなら、探しに行きたいと思うじゃんよ~~。

私のお母さんはその病気になったせいで、お父さんから責められて離婚した。 うまくしゃべる事も出来ないお母さんに対し、「病気の女が妻だなんて恥ずかしい」とか散々怒鳴り散らしててさ。
今でこそ、お父さんとも仲良く話せるようになったけど、やっぱりけっこうトラウマが残っててね。

だから私はそうなりたくない。 私の車椅子を押して、公園に散歩とか連れてってくれる旦那様が欲しい。 温かい家庭が欲しいよ。 

そんな風に、怯えの気持ちがいつもあるので、私は『恋愛』に関しては超情熱的。 積極的ではないんだけどね。 恋愛依存症だと言われるし、相手にも依存します。 その時好きな人が私の全て。 「来い」と言われりゃ行くし、「帰れ」と言われりゃ帰るし、「待て」と言われりゃ六、七時間はヨユーで待ちます。 Sに見られるけど、実はMです。

だから私の中の優先順位は、愛とか恋とかが常に一位で、仕事や麻雀って五位とか六位とかなのね。 「売名」とかって、ぶっちゃけどーでもいい。 仕事なんて、発病したら、すぐ出来なくなっちゃうしね。

もちろん、だからこそ一瞬一瞬を大切にしようという思いが強くあるし、だからこそ与えられた仕事は一生懸命やるよ。 なんだかんだ言っても、麻雀も接客も見られる事も撮られる事も、好きだからやってるんだしね。 多分、私の中では「将来、有名になりたい」という思いよりも、「今、好きな仕事をしたいからやってる」だけなんだ。

もちろん、それがいいとは思わないよ。 「そんな中途半端な気持ちで仕事すんなっ!」って言われるかもしれない。 今日の日記は、いろんな部分で反発くらうの覚悟して書いてるからねw

ただ「売名じゃないよ。真面目に恋愛しに行ったんだよ。」って言いたかっただけ。


さて、真実の愛はドコにあるかな。
【2006/07/26 14:57】 | 真面目シリーズ | トラックバック(0) | コメント(263)
田上くん
※あいのりの話なんで、見てない方はスルーして下さい。


書こうかどうしようか迷ったんだけどね。
「和泉ちゃんが心配です。今の気持ちを教えて下さい」っていうメッセをいっぱい頂きました。 気に掛けてくれて本当にありがとう(*^_^*)

正直な話ね、和泉は帰ってきてスグにその話を知ったから、昨日の放送を見て、改めて動揺するって事はないんだ。 それからけっこう時間も経ってるし、和泉の中では、もう整理がついてる話でね。

そりゃあさぁ、聞いた時にはものすごくショックだったよ。
ホントにホントに大好きだった。 彼の行動を三ヶ国見てきて、「中三の時に一人としか付き合った事がない」なんて、絶対ウソだろ~って疑った事もあったのにさ。 それでもやっぱり好きだったから、彼の言葉を信じようと決めて、最後には告白をした。 好きで好きで…。 傍にいさせてほしいと本気で望んでた。
それなのにね。 …やっぱりかよ…みたいな。

テレビの前で、キレたり泣いたり醜態さらして、それでも私が自分に正直に行動しようと努めていたのは、素のままの自分をちゃんと田上くんに見てほしかったから。 真剣に恋愛したかったから。
フラれるのは仕方ないけどさ、せめて本気で向き合ってほしかったよ。 ちゃんと考えてほしかった。 最初から誰とも付き合う気なんか無かったと聞いて、平気でいられるわけがないじゃん。
一生に一度しか体験できない「あいのり」という特別な時間だからこそ、一生懸命臨んだのに…。 ウソつかれたまま終わっちゃったなんてね。 私は一体何をしに行ったんだろう?って、虚しさでいっぱいになってた。 本気で悔しかったし悲しかったよ。

だから私も一時期はヒサと一緒。 愛情が憎しみになって心の中がドロドロして、仕事中でも泣きだしちゃってさ。 笑わなきゃいけない時でも、顔がひきつって笑えなくて大変だったよ。


でもさぁ、そんな状態をいつまでも続けててもしょーがないじゃん。 それから時間も経ったしね。 いつかは立ち直らないと。 前を向かないと。
憎しみとか恨みとか、そーいう負の感情って、自分自身を醜くするだけだもん。 彼を好きだった自分まで否定して、そこから何が生まれる? 虚しさが増すだけだよ。
幸い、「あいのり」は恋愛だけじゃないからね。 信頼できる、大切な友達が出来た。 何も得られなかったわけじゃない。

田上くんもね、ウソをつくなら完璧につけばいいのにと思うよ。 自分の胸に仕舞い切れず、男メンにバラしちゃうあたりが、甘えん坊なあの子らしいよ。 弱い子なんだよ。 悪者になりきれるようなタイプじゃないの。
彼が言ってくれた言葉、彼と過ごした時間、全てがウソではなかったと信じてる。 ほんの一瞬でも、和泉の事を真剣に考えてくれてた時があったと。

今からでも遅くない。 まっすぐ生きてほしいと思うよ。 今も昔も、彼の成長を切に願ってる。 私が好きになった男だからね。 いい男になってほしいよ。

何十年か後、笑いあって会いたい。 愛とか恋とかではないけれど、今でも大好きな人です。 大切な人です。 人の痛みが理解できる、優しさや思いやりを忘れないイイ男になってほしいと願っています。



※あくまで私個人の思いなんで、不愉快に感じた方がいたら、ごめんなさい。
 長々と書いてしまいましたが、読んでくれて、ありがとう。
【2006/07/19 02:08】 | 真面目シリーズ | トラックバック(1) | コメント(238)
rabbit


プロフィール

和泉由希子

Author:和泉由希子
麻雀プロであり、
いちおタレントでもあり、
何故かバーテンもやってます。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

基本的にはコメント欄への書き込みをお願いします。 メールは、緊急のご質問やご相談がある時に、ご使用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。